プロフィール

Innocent blue

Author:Innocent blue
PHANTASY STAR ONLINE2のプレイ記とかを書いていきたいと思います。
Ship3ソーンにて活動中です。
キャラ名「しろたま」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者さまの数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

しろたま活動記
ネトゲ、PSO2のブログになります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れないで。画面の向こうにいる人のこと
お正月休みが明け、更新が疎かになってました。
今夜のBGMは花たんの「Brand New Voice」
ちょっと春っぽい曲をセレクトしてみました。
サビ部分のキーの高い部分も声量と張りを持たせたまま歌い上げる花たんの歌唱力に圧倒されます。
カラオケに入ってるのかは分かりませんが、歌おうとしたら酸欠or血圧の上昇で倒れてしまいそうww
もちろん、歌詞も大好きです。


さて本題へ。


昔から思ってたんです。
「一日が24時間では足りない」と。
私にはクルマやバイクという趣味の他に、絵を描いたり、時間を気にせず昼寝をしてみたり・・
やりたいことがたくさんあって。でもそれは同時にはできない事ばかりで。

誰しもそうだと思うんです。時間が無限にあるわけないじゃない。
無限の時を生きれるのは吸血鬼かマモーくらいのモノでしょう。
PSO2というゲームをプレイするにあたって、時間というタイムリミットの中でログインをするわけです。
嫌々ログインし、仕方なくプレイしてる必要は無いわけです。

でも、きっとみんな「何か」を求めてログインするはず。
その何かの中で一番の割合を占めるであろう理由が「楽しさ」ではないでしょうか。
楽しみ方は人それぞれ。
・使う予定もないけど他スロの武器を作って眺めてはニンマリする
・ロビーを徘徊し、お気に入りの外観のキャラクターを探す
・欲しい武器を追い求めてクエストへ
・じっくりとマターボードを進めたい
・とにかくレベル上げ!カンストしてから考える
・顔や声は聞けなくても、気の合う仲間と団欒したい
他にもたくさんあることでしょう。

でもその楽しさを追い求めるあまり、自己中心的なプレイを目にするとの声も多方面から聞こえてくるのが現状です。
私が先日、話題のXHマガツへ向かった時のこと。
RaがWBを貼ってくれる。でもその部位を破壊するまでに時間がかかってしまう・・。
このペースではクエストをクリア出来ないかもしれない。そう私が感じてフォトンフレアを発動した時。
12人いたはずのプレイヤーは私を含めて3人になっていました。
私は「3人になっちゃったね」と周囲チャットを飛ばしました。
すると「みんな諦めが早いよ!!」と、私の本気スイッチをONにしてくれるような声が返ってきました。

全力を出し切って敵を倒す「楽しさ」をその方は知っていたのでしょう。
私もかつて3人でSH防衛に挑んだり、4人で絶望に出向いたり「ギリギリかもしれないけど、クリアできるかも」という挑戦をしてそこに楽しさを見出すことが出来たのです。
しかしそこはHPの高いマガツXH。
pso20150119_222321_001.jpg
全力を尽くしたつもりではありますが、クリアする事は出来ませんでした。
それでも私は満足です。

私は、ですけどね。
胃の弱い私はあまりストレスを抱えないように「クリア出来なくても、怒らない」と決めてプレイしているのもありますし。


もしあなたが同じ状況になったら。
レアドロ+250%、トラブ100、プレミアドリンクを飲んで気合充分で臨んだクエストを半数以上が途中退室して行ったら。
どう思うでしょうか?


フリーパートナーやフレンドパートナーを連れて挑んでるのとは違うのです。
緊急の12人クエストは、自分以外の11人はあなたと同じ「人間」なのです。


マガツの途中破棄だけではありません。
途中破棄を繰り返すリタイヤマラソン、沸いた敵を放置してのボス狙いマルグルなど。
「自分さえよければ」主義でのプレイがここ最近、非常に目立つ気がしてなりません。


自分以外のプレイヤーはその状況下で楽しめるでしょうか?
「自分以外の11人はNPCではない」という事を再認識してほしいな、と(´・ω・`)


この記事を読んで「無言での途中破棄やリタマラなんかした事ないよ!失礼な!」と思うアークスが増えることを祈っています。
目に見えている他のキャラクターは、画面の向こうにいる誰かの、言わば「分身」なわけです。
例え架空世界でのゲームだとしても。
人と人との繋がり、という面では現実世界と同じだと私は思っています。



そんな人と人との繋がりを大切にしたいと願う人々が集った、私の所属する「Trinity HeartS」のメンバー全員が同時ログインしていたので、念願の記念撮影を行いました。
pso20150115_221218_002.jpg
でも実はコレ、ボツになった方の1枚だったりして・・。
よく撮れた方の1枚はきっと、ある作品のなかに登場することになりそうです。
現在その「とある何か」をみうさんが鋭意作成中!
公開を楽しみにしていて下さいヽ(・∀・)ノ
スポンサーサイト

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/03/11 18:51] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shirotama21.blog.fc2.com/tb.php/44-f2e72f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。